弁護士に相続の相談をする意味

相続とは、人の死亡により財産が移動することです。しかし、一定の手続きをしないと、財産が移動することができない場合があります。例えば、不動産登記や死亡した人の名義の凍結されている預金などです。手続きは、法定相続人を確定させることと、それに基づき財産をどのように分けるかを決める遺産分割協議です。これらは、手続きに慣れている専門家に頼むのが、早く正確です。法律関係は弁護士に、税務申告に関しては税理士に任せるのが、良い選択肢でしょう。

↑PAGE TOP