法律の実務をこなす行政書士

行政書士は国家資格です。個人、あるいは会社などに代わって、役所に提出する必要がある書類を作成したり、種類の提出手続きを行う代理などを行います。もちろん、これらのことに関する相談に乗ることも業務です。主に書類提出に関わる法律のエキスパートだと思えば間違いありません。行政書士の取り扱う業務の幅はとても広いですが、主な実務を挙げれば、建築の許可や営業許可に関係することや、遺言書の作成を支援することなどです。現在では日本国籍を取得したい外国人の手助けなども増えています。法律の実務を担うプロとして、期待される仕事でもあります。

法律で困ったら行政書士に相談

生活をしていると隣人とのトラブルや交通事故など法律問題に発展することが多くあります。書類作成や交渉など難しい問題は山積しており初めてだと慌てることになってしまいます。行政書士は弁護士よりも身近な法律家と言われるようにあらゆることに精通しています。ひとりで慌てていても何も進展しないどころか状況は悪化してしまう事があります。まずは行政書士に相談をすることで解決に向かっていきます。問題が発生する前に相談をすることで、訴訟に発展するのを防ぐこともできます。ひとりで悩まずに相談をすることで、スピーディーな解決を図ることができるのです。

↑PAGE TOP