行政書士の法律における仕事範囲

行政書士さんは、多くの人々にとって身近な法律関係の手続きと深く関わるお仕事をしています。その具体的なお仕事の内容には、土地や建物の登記(不動産登記)・会社の登記(商業登記)・供託の手続きの代理や法務局・裁判所に提出するための書類の作成などがあります。また、定められた研修を受け、法務大臣から認定を受けた行政書士さんは、簡易裁判所の手続きの対象となる紛争のうち、140万円をこえない範囲の金銭トラブルについては、法律相談に応じたり、交渉の代理人となることも可能です。ですが、地方裁判所や家庭裁判所などでの代理人になることはできません。そちらは弁護士さんのお仕事になります。

身近な法律家である行政書士

行政書士は官公庁へ提出するための法律的な書類作成を主な業務としており、かなり幅広い仕事を取り扱っています。事務所ごとに経営に特色があるので、依頼先の得意分野をウェブサイトなどでしっかりと調べてから依頼することが必要です。ちょっとした法律相談にも応じているので、困ったことがあった時なども相談することができます。他の資格行よりも身近な存在であり、気軽に相談することができることも特徴であり、行政が行っている無料相談会などでも行政書士が相談に応じてくれるケースがあります。相続問題について相談ができる事務所などもあります。

↑PAGE TOP