行政書士となる資格は法律に規定

この職種は行政書士法という法律によって①試験に合格した者、②弁護士、③弁理士、④公認会計士、⑤税理士、⑥国又は地方公共団体の公務員として或いは独立行政法人等の職員として行政事務を担当した期間が通算して20年以上になる者と定められています。このうち一番簡単に資格を得るにはやはり試験に合格するのが近道です。憲法や民法、商法等の法律問題と、一般常識問題、論文試験の内容です。行政事務のエキスパートとしてその可能性が益々ひろがっています。頑張り次第で合格できる試験ですので、時代の要請に応える行政書士はこれからの時代に有益な仕事です。

行政書士はどんな仕事をするのか

行政書士は「町の法律家」と呼ばれ、さまざまな分野の業務を取り扱っています。その中でも代表的な業務としては許認可業務があり、飲食店の営業許可などがその例です。飲食店の営業をやってみたいといっても、それは許可を得ないといけません。その時には書類の提出も義務であり、その書き方を知っていなければいけません。そこで町の法律家である行政書士が書類の作成のサポートをします。この他にも仕事内容は多くあり、相続業務や会社設立業務などがあります。ここで紹介した業務はほんの一例で、それぞれの先生が自分の個性に合った業務を展開しています。

↑PAGE TOP